読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしのはなし

よろしくお願いします。

メイドカフェ行きました

おすおす。

さめです。どうも。

 

この前人生で初めて本格的なメイドカフェに行きました。

 

北海道にいたころに"メタルバンドやってるかわいい女がメイドの服着て永遠と濃い酒を出してくれるタイプ"のメイドカフェには通ってたことあるんですけど、本格的なメイドカフェに行くのは初めてでした。

 

今回行ったのは@(アット)ホームカフェ秋葉原ドン・キホーテ店。

一緒に行ったのは取引先のワタべ(仮名)さん。

ワタべさんスペック

・37歳
・独身彼女なし
・実家暮らし
・趣味:ワインとスニーカー集め
・見た目:細身の色素薄い系イケメン
・性格:気が弱くてノリがいい

気さくなオシャレお兄さんです。

 


メイドカフェ行くことになったきっかけ

さめの会社は秋葉原にあって、その日は弊社の近くでワタベさんと打ち合わせ。

帰りに秋葉原のメイン通りをワタベさんと一緒に歩いてたんですけど、その辺にはいつも客引きのメイドさんがうじゃうじゃいるんですよね。5~10mに一人の感覚でかわいい女が立ってることにテンションが上がるオレ。

もう何度も見てるはずの光景なのに、色とりどりの衣装を着たかわいい女たちがニコニコしているのを見るとどうしても(ヒューヒュー!ここはほんとにいい街だねえ。あたしゃこの街が大好きだよう。)と ちびまる子になってしまう。

ワタベさんが「いや~すごい街っすね~オレもメイドカフェ行ってみたいな~」って言うのですぐさま「お。最高だ。行きましょう。」ってことになりました。

そのあと予定があったので適当に別日でスケジュール決めてその日は解散

 

 

メイドカフェレポ

ついに待ちに待った当日。

事前にワタベさんとやり取りしているときに「オレ札束握りしめて行くので、さめさん好きなだけ豪遊していいですよ~」と男気(?)を見せてきたので、もうほんとにお言葉に甘えて豪遊してやろうと意気込んでいました。

 

秋葉原駅で待ち合わせして、客引きのメイドさんがたくさんいる通りを2周くらいしながら「どのお店にします~~?」「あ!あの子かわいい。」「うわ、今こっち見てくれた。お~~かわいい。」みたいなやり取りしました。

童貞ナンパ厨のそれである。

37歳実家ぐらしのお兄さんと24歳ぽっちゃりOLなのに、メイドカフェ選びで変なテンションになっちゃうのほんとにイタい。

 

ウロウロしている間にワタベさんが「オレ、メイドカフェのこと勉強してきたので聞いてもらっていいですか?」って言うから勉強の成果を聞かせてもらいました。

メイドカフェのルール

その1、メイドさんの写真を撮ってはいけません。

その2、メイドさんの個人情報を聞いてはいけません。(本名はもちろん出身地とかも…!)

その3、メイドさんに連絡先を渡してはいけません。

その4、メイドさんに触れてはいけません。

以上です。」

多い。ルール多い。元風俗嬢としてはそんなにガチガチのルールで大盛況なのが不思議です。

そういうことではないんだろうけど、メイド風俗行けばよくない?触り放題だよ?

 

それはそうと、秋葉原ではメイドカフェが飽和状態で、今や"◯◯カフェ"だったら何でもありになってるみたいで、

アイドルメイドカフェ(アイドルのメイド(?)と戯れることが出来る)

ネコカフェ(猫と猫の格好したオナゴと戯れることが出来る)

戦国カフェ(フリフリした着物みたいなのを着てるオナゴと戯れることが…略)

コスプレカフェ(アニメキャラにコスプレしたオナゴと…略)

男装カフェ(男装した…略)

と、まあ色々あってどれがいいのかわからぬ…

ってことで結局メイドカフェ二大勢力の「@(アット)ホームカフェ」にしました。(ちなみに、もう一個有名なのは「めいどりーみん」

 

f:id:sa_me:20170516011434j:plain

 

店の前に着き、キョロキョロしてたんですけど、その時点でお店からあまい匂い。 

かなりメルヘンな香り。嗅覚から攻めてくるじゃん。

そういうところなの?五感を活かして楽しむところなの?と戸惑っている私達を見かねて案内人(?)のお兄さんが「おかえりなさいませ~只今ご案内いたしますので、こちらでお待ち下さい」と声をかけてくれました。

「こちら注意事項など書かれていますので、ご覧になってくださいね~」と注意事項が書かれたメニュー表みたいなのを渡されました。(ほんとに細かいルールが色々書かれてました。)

 ちょっと待ってたら案内役のメイドさんがきて「おかえりなさいなさいませ。ご主人様、お嬢様!ご案内いたします!」と元気よく登場。

廊下を歩いていく中で鈴みたいなのを鳴らされてさらにもう1度「おかえりなさいませ!」他のメイドさんたちも声を合わせて「「おかえりなさいませ!」」

感動ですよね。

テレビとかでよく見るアレじゃん。メインイベントじゃん。

「ほんとに言ってもらえるんだ…」と"生おかえりなさいませ"を噛み締めながら案内された席に座りました。

案内してくれた新人さんの舌っ足らずな説明をニコニコ聞くさめ。入店した瞬間から顔が引きつっているワタベさん。なんで来た。

システムとしては、普通にドリンク・食事・ゲーム・チェキなどを単品を注文するパターンとそれらのセットを注文するパターンがありました。

@ホームカフェではメニュー名が以下のようになっています。

ジュース→じゅーちゅ

ホットの飲み物→あちゅあちゅのお飲み物

アイスのドリンク→あいちゅのお飲み物

オムライス→おむらいちゅ

f:id:sa_me:20170516004928j:plain

 普段だったら「ああん!?まっくろしゅわしゅわ(コーラ)だあ!?ええかげんにせんかい!!!!」となるところですが、ここは天下のメイドカフェ

ワタベさんは戸惑っていましたがさめはもう開き直りきっていたので(わあ~かわいい~)みたいなテンションで楽しくメニューの説明を聞けました。

 

2人ともドリンクとチェキがセットになっているメニューを注文。

ドリンクは単品メニューの中からなんでも選べるとのことで、せっかくだしメイドさんが作ってくれるスペシャルカクテルを。

色とアルコールの強さが選べるというので、ワタベさんは「ピンクのアルコールの強さ普通」さめは「赤のアルコール強め」を注文。

 

アルバムを見ながら一緒にチェキを撮るメイドさんを選んでいるとメイドさんがシェイカーとグラスを持って現れました。

メイドさん「今から魔法をかけるのでご主人様も協力してください~♡」

さめ「は~~い♡」

ワタベさん「…」(なんで来た。)

メイドさん「今から私が言う魔法の呪文を繰り返してくださいね♡ポーズは萌え萌えポーズ(※)で応援してください♡いきま~す♡」

さめ「はあ~い♡(萌え萌えポーズ)」

ワタベさん「…」(もう帰れよ)

 

※萌え萌えポーズ

f:id:sa_me:20170516011515p:plain

メイドさん「フリフリ♡」

さめ「フリフリ♡」

 

メイドさん「シャカシャカ♡」

さめ「シャカシャカ♡」

 

メイドさん「萌え萌え♡」

さめ「萌え萌え♡」

 

 メイドさん「キュンキュン♡」

さめ「キュンキュン♡」

 

メイドさん「にゃんにゃん♡」

さめ「にゃんにゃん…(長いな…)」

 

メイドさん「わんわん♡」

さめ「えっ…わんわん…!」

 

メイドさん「ピヨピヨ♡」

さめ「ピヨピヨ…!?!?」

 

メイドさん「美味しくなあ~れ♡」

さめ「美味しくなあ~れ…!!(にゃんにゃん以降のやつ厳しかったな…)」

 

メイドさん「わあ~~~(パチパチパチ)」

さめ「わあ~~~~(色んな意味で~~~~)」

 

ということでこれが出てきました。

f:id:sa_me:20170516005722j:plain

ここまで長い道のりだった…

ナメてた…魔法って、なんかもっとぱっとかけられるもんだと思っていました。呪文を唱えている途中から魔法を応援する者としての未熟さを感じました。

魔法をかけてる間、ワタベさんは横で呆然としていたので、いないものとして無視するしかなかった。

はあ~消耗してしまったな、と思いながら魔法のカクテルにちょっと口をつけたら、ガッツリ目がさめました。

 

甘い!!!!!!!

 

歯が溶けるかと思いました。あのー、アレです。かき氷のシロップ。原液で飲んでる感じです。

「ガッッ…ハッッ…!!!」って。バトル系の漫画で会心の一撃を受けたみたいな声が出ました。

店内にはメイドさんが6~7人位いて、お客さんとゲームしたりお話したりしてるんですけど、ワタベさんと2人で「コレは…飲み物としてどうなんですか…?」「オレ、これ以上飲めないっす…」と魔法のカクテルに打ちのめされてたら一人のメイドさんが話しかけてくれました。

「うちのドリンク、初めて飲んだ時私もびっくりしました~~(笑)これ、バグだと思うじゃないですか?デフォです。他の飲み物もぜ~んぶこの甘さです。うふふふふ♪」

とのこと。

これデフォなんだ…二杯飲んだら間違いなくその場で糖尿病になります。

(結構努力したけど結局8割くらい残してしまいました…ごめんなさい)

 

お客さんの内訳は常連(っぽい人)が7割。観光客2割、その他1割って感じでした。

こういうところに通うのって、もっさりしたオタクの人ばっかりなのだろう〜と思ってたら、意外と爽やかでオシャレなかっこいい人も多かったです。

なんていうか、最近"非モテオタク界"にもオシャレでかっこいい人増えてきてますよね。「neoオタク」みたいな人。

しかしさめの隣に座ってた人はガッツリ古典的なオタクタイプの人だった。髭面のおじさんが一人でずっと突っ伏して謎の絵を書いてたので、(お前もなんで来たんだよ)と思いました。

 

 メイドカフェ特有の雰囲気に慣れてきたころにちょっと冷静になってふと察知してしまったんですけど、メイドカフェに男女で入るのってアレですね。ダメですね。

「悪いことは言わねえ、ここはアンタらみたいな奴らがくるところじゃねえんだ。サッサと失せな!」みたいなオーラを感じる。常連さんたちから。

(あ~~~~~~~確かに~~よく考えたらここで男女がキャッキャするのは場違いですよね~~~)と思った頃にはもう「チェキでお待ちのワタベ様~♡」とワタベさんがチェキに呼ばれてました。

ここでチェキの説明を簡単にします。お店の真ん中がステージみたいになってて、そこに順番に呼ばれて事前に指名しておいたたメイドさんと写真が撮れます。ポーズは自由で、こちらが指定することも出来ます。ゲーム(ワニワニぱっくんなど)とチェキがメイドさんたちと戯れる事ができる主なチャンスとなっているので、人気コンテンツです。

ワタベさんは一緒にチェキを撮るメイドさんを選ぶときに「オレ、もう全員同じ顔に見えるので、誰でもいいです…」とか言ってたくせにステージに上るとニッコニコでした。

ワタベさん、メイドさんに「よかったら、ごちゅ人様もどうぞ~♡」って勧められてうさぎの耳をつけてました。いやいや、さっきまで苦笑いしてたのにうさ耳はつけるのかよ。常連でもやらない1番イタいやつじゃん。

かなり面白い光景だったんですけど、空気的に大爆笑していい感じではなかったので、しかたなく魔法のカクテルに口をつけて「ウグッ…」となることでなんとか指差して笑いそうになるのをこらえました。

 

ワタベさん

f:id:sa_me:20170516134223p:plain

 

そんでさめのチェキの番。断トツに顔がタイプだったメイドさんとチェキを撮れて満足でした。

チェキのポーズをメイドさんと一緒にハートを作るポーズにしたのですが、指先が触れてしまいそうだったので「あれ、コレって指先でも触れたらダメなんですよね?」と尋ねたところ「そうなんですぅ~♡触れたら溶けちゃう♡」ってあんまりかわいく言うので、なぜかつられてさめまで「うわ~♡不思議~~~♡」ってなりました。おんなじ感じで喋ってるのにオカマ感が出てしまうのはなぜでしょうね…

 

満面の笑み

f:id:sa_me:20170516134513p:plain

 

あの空間はあれですね。入りこんだもんがち。

テーマパークとして行くなら完全にアリです。

あとは、キャバクラと違って店内がかなり明るくて開けているので、通うとなると常連さん同士の目に見えないバトルみたいなやつがかなり露骨です。

何にせよ楽しかったです。次回は女の子と行きたい。

 

焼き鳥屋

メイドカフェを出たあと、「楽しかったね~」つって適当にいい感じの焼き鳥屋に入りました。

もうね、ビールがうーーーーーんまい!飲み物って甘くないだけでこんなに美味しかったっけ?ってくらい美味い。

 

食べ物の写真を美味しそうに撮るのがハチャメチャ上手な人っていますよね。

アレどうなってんの?お家でかまぼこを美味しそうに撮る練習とかしてるんですか?

 

さめが撮った焼鳥(左)とワタベさんが撮った焼き鳥(右)です。

f:id:sa_me:20170516135042j:plain f:id:sa_me:20170516135237j:plain

全然違う…

 

さめが撮った馬刺し(左)とワタベさんが撮った馬刺し(右)

f:id:sa_me:20170516135657j:plain f:id:sa_me:20170516135813j:plain

 

どっちが美味しそうに撮れるか対決、完敗です。絶対カメラになんか仕込んでるだろ。


そのあと「ワタベさんが結婚どころか彼女もできないのはなんでだろうね~」の話しました。

その場では「なんでですかね~出会いないなら婚活パーティーとかどうですか?」みたいなこと言ったけど、よく考えたら実家ぐらしのひょろいアラフォーやばいな…最近まで婚活してたので、そのスペックがどれだけ人気ないかよく分かる。

 ワタベさんは最近事情があって実家に戻ったのですが、それは仕方ないとして、めっちゃ金かかる趣味があるってのもあんまりモテない気がする。(ワタベさんはワインとスニーカーを集めるのが趣味です)アホほど稼いでるなら別ですけど。

 

そろそろお開きにしましょうかって頃に、ワタベさんが「全く出会いが無いってわけでも無いんですよ。友達の紹介とか。でも、オレももういい歳なんでね~最近アレなんですよね~、恋に臆病っていうか…」と語りだしたので、「「恋に臆病」ってほんとに口に出す人いるの!?歌詞じゃん!」って指差して笑いそうになったんですけど(今日2回目)、絶妙に笑っていいのかわからない雰囲気だったので、「ハハハ…わかります~」って耐えた。いや、ちょっと笑っちゃってるか。

 

何故か最終的に私がワタベさんに未婚女性を紹介する感じの流れになって、「どんな人がいいんですか?」って聞いたら「オレ、ほんとに誰でもいいんで。好みとか無いんで。よろしくお願いします。」って言うので、「わかりました~じゃあ誰か今度紹介しますね~」って言ってお店を出ました。

 

帰り際

ワタベさん「さめさん、ほんとにいい人紹介してくれるんですか~?」

さめ「バイト先にいい人いるので、許可とれたら今度紹介します。好みとか無いんですよね?」

ワタベさん「ありがとうございます。好みないっす!」

さめ「そのお姉さん優しいしかわいいし、いい人なんですよ~。猫が大好きなお姉さんなので、連絡先交換したら猫の話すればきっと喜んでくれますよ。」


ワタベさん「あ、おれ猫キライっす!!!猫大好きな人はちょっとすいません…!」

 

 

 

 

一生独身だバーーカ。

 

おわり。